厳重すぎるセキュリティーBOXが登場!

YISコーポレーションは「Japan IT Week春 2017」でカスタム対応の「セキュリティートレイ」を展示しました。約半年をかけて開発されたこのソリューションは、異なったIDをユーザに与えることで、ユーザが自分専用のトレイの開閉制御をできるようにしたものです。

使用する方が多く、使用するトレイがたくさんで、「たくさん」対「たくさん」の認証をしている点がユニークです。既存の製品は約30トレイの制御ができるのですが、この製品は2000トレイを制御することができます。このユニットは50トレイまで制御できますが、それを40ユニットまで制御することができます。

ネットワークで制御されるこのシステムは、一つのユニットをネットワークの一つのアドレスとしており、ユニットを増やすことでトレイの数を増やすことが可能です。したがって、ユーザの希望によりより多くのトレイを制御するシステムを開発することも可能です。

多くのお客さんをお持ちの倉庫業の方、たくさんの鍵を管理する必要のある環境で活用していただけます。今実現できているのは2000ですが、ご要求に応じて増やすことは可能です。

現在一つのサイトで運用されているシステムを全国展開することで、自分の権限のある鍵をどこにいっても使用することができるようにする、と言った多店舗展開をYISコーポレーションは考えています。

(Visited 34 times, 1 visits today)

You might be interested in

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です